YZF-R1 維持費について真剣に考察してみる。

ブログ 〜バイクのあれこれ〜

YZF-R1の維持費について考察です。

備忘録として、またこれから購入する方の参考になれば幸いです。

SSを維持するにあたって最低限必要な出費をリストアップしましょう。

・車検費用
・ガソリン代
・タイヤ代
・エンジンオイル
・その他消耗品

重量税
登録後12年まで:1,900円/年
登録後13~17年:2,200円/年
登録後18年以降:2,500円/年
今回は12年以内として計算致しますので、2年分で3,800円。

自賠責
24か月契約:11,520円
こちらは固定です。

検査手数料
自動車審査証紙と自動車検査登録印紙:1,700円

これらが車検を通すための最低限の出費ですね。
バイク屋さんに車検を出すとなると4~5万円ほどの車検整備料が取られるので、65000円ほどが2年ごとに必要になります。

しかし、ノーマルで乗っている場合(レバー交換やスクリーン交換等、走行変化が顕著でないカスタムに留まっている場合)、自身で数点気を付けて車検に通しにいっても必ず認可を受けられます。
数点とは、タイヤ交換、ブレーキパッド、ランプ切れくらいですね。
マフラー交換している場合は排ガス証明書をメーカから取り寄せれば良いです。

すると、車検費用が17020円/年に抑えられます。

光軸調整だけは車検場近くのセンターで行ってもらわなければならないので、+2000円で19000円/年ですね。
これで、車検費用を年2万円以内まで抑えられます。

 

では、次にタイヤです。
最も金喰い虫なポイントです。
こちらも、スポーツタイヤとツーリングタイヤのどちらを履かせるかによって、金額がかなり変わります。

ツーリングタイヤだと滑る、とかいいますが、少し峠で遊ぶ程度ではそんなことは起きません。
そんなことが通常走行で起こるタイヤは、タイヤとしての必要条件を満たしていません。
ただ、100㎞/h以上でコーナー突っ込んだりする人はスポーツじゃないと危ないです。

仮にスポーツタイヤ(Dunlopのα-14)で試算すると、前後で5.1万円。
交換工賃が0.5万円とすると、5.6万円です。
スポーツタイヤの場合ライフが5000㎞くらいなので、半年に一回交換でしょうか。11.2万円/年。

ツーリングタイヤならBATTLAX SPORTS TOURINGで資産すると、前後で4.9万。
交換工賃が0.5万円とすると、5.4万円です。
ツーリングタイヤの場合ライフが1万キロくらいなので、ワンシーズン毎の交換ですね。5.4万円/年です。

次に燃費です。
YZF-R1の燃費は大体12㎞/lですね。
ネットではもっと低い値が提示されていたりしますが、自分はこれ以下を下回ったことは一度だけです。
その時は10㎞/l位でした。
最高は16㎞/lですが、こちらは高速巡行の時ですね。

年間1万キロ走ったと仮定すると、833.3ℓ/年=165円換算で137,500円/年です。

次に、エンジンオイル。
エンジンオイルに関しては1万キロ交換がメーカーから指定されているので1万キロとします。(メーカー指定が1万kmなんですね・・・思ったより長い)
オイルフィルター込みで8,500円/年。

上記の項目を合算致しますと・・・
スポーツタイヤだと年間265,500円=21,416円/月。
ツーリングタイヤで年間209,500円=16,750円/月。

さて、ここで一度表にしてみましょう。

実際はスポーツタイヤを穿く=高回転まで回すことが多い=燃費が落ちる&早いサイクルでエンジンオイルを交換する
という想定もできますので、もっと金額に差が生まれると思います。
差額は安く見積もって月に5000円、多く見積もって7500円くらいでしょうか。

また、今回の想定にはヘッドライト切れやブレーキパッド交換などは含んでいませんので、実際はもう少し維持費がかかります。
例えばヘッドライトバルブが切れたときは片方で+3000円ほど掛かります。
不定期ですが、長くても3年で切れるかともいます。
ということで2,000円/年。

ブレーキパッド交換であれば1キャリパー分で7000円。フロント2キャリパー、リア1キャリパーです。
ブレーキパッドの交換距離は街乗りですと2万㎞くらいですね。
3キャリパー分で21,000円/(年間走行距離/交換距離)=10,500円/年です。

この2項目で12,500円/年の追加です。月割計算ですと約1,000円ですね。

総評としまして・・・
やっぱり、過去所有のNinja400Rと比べると幾らかは増えますね。
だってSSですもの。

この値段を高いとみるか低いとみるかは人それぞれですが、私はこの維持費で世界最速の1種を得られるのであればお安いかと思います。
なんてったって、死ぬほど無茶苦茶速いですからね。
フルスロットルで8000回転を超えたあたりで粒子になれるんじゃないかと思うほどです。

これにローン代が加わったとしても、大学生のバイトで十分賄えると思います。

今回の算出結果がR1を買う勇気と、その裏付けに繋がれば嬉しいです。

最後に一言綴って締めたいと思いますが・・・
悩んでいる人は、買っちゃいましょう。
買っちゃえば何とかなります。
何とかなるような生活になります。
がんばってください。

では、今回はこの辺で・・・。

コメント