YZF-R1、別府から福岡へ・・・

ツーリング日記

R1、福岡へ帰ります。

丸々3日間の別府滞在も消化してしまい、ついに福岡へ帰る時間です。

いつもは福岡に直行しているのですが、今回は色々寄ります。

 

さて。

今日はお日柄も良く、バイク日和です。

普段の帰宅ルートは別府から10号線を北へ走り、日出町で24号線→宇佐市→中津→行橋→みやこ→飯塚→福岡という順に帰っているのですが、今回は違います。

まずは別府から湯布院です。相変わらず素敵な別府〜湯布院間の九州横断道路を2速で駆け抜けます。

この道はタイトコーナーと高速コーナーが入り混じっているので、毎回楽しめます。

それに、完全にコースを覚えているのでヒヤッとすることもありません。

湯布院に着くと、いつものセブンで休憩がてらパシャリ。

 

 

最近気づいたのですが、1時間以内に休憩を挟むと幾らでも走れますね。(昔は下道14時間ぶっ通しで走って瀕死の状態になっていました。)

一休みしたのちに湯布院を出て、福岡県うきは市のつづら棚田へ向かいます。

車も少なく、快調に飛ばせます。疲労を感じたらすぐに休憩スタイルで、悠々自適に走りました。

そんな感じで気持ちよく走っていると、立派な風車が目に入りました。

これは撮るしかない!!ということで、風車さんとご一緒させていただきました。

 

遠近法で、すごく小さく見えてしまうのが残念ですが・・・。

この道も、↓のようなコーナーの連続で、R1の回転数とサウンドが、脳に直接刺激を与えてきます。

 

ちょっとした崖沿いを走るので見晴らしも良くて、素晴らしいコースを見つけてしまいました。

 

そのまま走り続けていると、今度は素敵な川を発見です。

何川でしょうか?わかりませんが、場所は日田市小ヶ瀬町です。

 

R1と川、という構図ってあまりないですね。

川沿いということもあってか、壁には綺麗な苔が自生していたので、ついでにR1と苔の写真もゲットです。

 

それにしても、R1の塗装が半端なく綺麗ですね。これもザイモールのおかげでしょうか。(ザイモールって何?って方はこちら)

名もなき川(名はあるんですけど知らないだけ)を後にし、うきは市へ到着です。

「道の駅うきは」に立ち寄ったのですが、この道の駅は丘の上にあり、景色がとても綺麗でした。

 

少し休憩してから、本日の目的地「つづら棚田」に向けて再出発。

そして、ついに到着です。

その写真がこちら・・・!

 

 

綺麗だけど・・・綺麗だけど・・・!

なんと、すでにほとんどの稲は刈り取られていました。

でも、十分に綺麗です!

ありきたりな言葉になってしまいますが、「まるでジブリ」という世界でした。

 

十分につづら棚田を満喫した後に、次なる目的地「Zelkova Coffee」へ行きました。

つづら棚田からは30分弱です。田舎町をプラプラと走りました。

自家焙煎していたり、海外の貴重な豆を仕入れていたり、本格的なコーヒーショップです。

こちらのケーキセットをいただきました。

 

お店の作りも珍しく、1階はバーカウンター、2階はダイニングのような雰囲気です。バーの方には1名のお客様がいらっしゃったのですが、2階は独り占めできました。

2階からはうきは市の田園風景が一望でき、とても綺麗でした。

お店の外観も涼しげで気持ちがいいですよ。

 

コーヒーを楽しんだ後は、家に向かうだけです。残り2時間ほどだったので、ついつい休まずに帰宅してしまいました。

それでも、疲労感はほぼゼロです。1時間弱休憩って素晴らしいですね!

 

本当に、ぐったりするような疲労感が無いのにも関わらず、250キロ近く走れました。
大満足です。

本当に素晴らしい帰路でした。

 

次はどこへ走りに行こうかな。

子供のようにワクワクしながらお風呂に入って、就寝です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント