新型YZFについての雑談。

未分類

YZFシリーズに動きがありますね。

一番小排気量のYZF-R125です。

なんだーと思っていたら、装備がなかなか豪華になっています。

  • 薄型2眼LEDヘッドライト
  • 倒立フロントフォーク
  • ブレーキレバープロテクター
  • 新設計のアルミ製スイングアーム
  • スリッパークラッチ

がポイントでしょうか。
ブレーキレバープロテクターに関しては必要なの?と思いますが・・・(R1にも入ってないじゃん、と言いたい。)

なんというか、このお顔は(ロクダボにしては)あまり売れなかった(と言ったら失礼か)CBR600RR(PC40後期)に似ているような気もします。
きっと目が悪いのでしょう。

一番驚いたのが、R25よりも先に倒立フロントフォークがインストールされたこと。(新型R25の意匠登録により倒立採用はバレていますが、正式発表はまだですよね)

これは新型R25がますます楽しみになりますね。

最近頭の片隅で思っているのが、車検のない250ccクラスってやっぱりいいなーということ。

お金の面ではなく、カスタムの幅が広がりますよね。

R25乗りの皆さんは、車検があったらアウトじゃない?っていうようなウイング付けたり、ヘッドライトカスタムとか凄いし、やりたい放題されてますもんね。笑

あー、いつか2台持ちするのもいいですね。

こんなこといってますが、いざ2台目を買うとなるとR6を選んでいたり・・・。
パニガーレ(899)も気になりますし。

250ccクラスで現行となるとR25ですね・・・250RRは高すぎます。
中古も含めるなら過去の化け物達も良いですね。

R1の血がR25やR125に脈々と引き継がれていくのを観察するのも面白いです。
YZR-M1からYZF-R1、YZF-R6へ。
R1、R6からR3、R25、R125へ。

それにしても・・・・・・

 

 

 

YZFシリーズ、多すぎ。

コメント