YZF-R1の純正マフラーなどを引き取りました。

ブログ 〜バイクのあれこれ〜

YZF-R1の純正マフラーについて

先週末は車で用事、犬のお世話などをしていましたので、乗れませんでした。
平日も乗る時間がなかなか作れなかったので、代わりと言ってはなんですがバイク屋さんにずーっと預けていた純正マフラーやフェンダーなどを引き取りに行きました。

バイク屋さんは徒歩20分~30分くらいの場所なのですが、純正戻しを行う予定もないですし、なかなか行く時間もなく、置きっぱなしだったのです。

写真をご覧になられるとわかるように、ほとんど新品です。
というか、
1.まったく焼けた跡がない
2.サイレンサーの中を指で触っても煤が付かない
ことから、前オーナーは納車と同時にマフラーを交換したと推測されます。

こんなに綺麗です。
完全に新車外しのマフラーですね。

さっそく、あちこち触ったり匂ったり(阿保)してみました。

第一印象は、純正なのにこんなに凄いんだ、ということ。

まず第一に、軽い。
この大きさでこんなに軽いのか!って声をあげたほどです。(誇張表現)
さすがフラッグシップです。
(ほとんどの人に替えられてしまうのに)サイレンサー部にもチタンを使っていますし、大変なお金がかかっていると伺えます。
社外チタンマフラー買おうと思ったら、十数万は用意しないといけませんよね。
純正マフラーを中抜きしてストレートパイプ入れるだけで超高性能マフラーができそうです。(多分できない)

そういえば社外マフラーについての記事は書いていないですね。
現在入っているのはヨシムラのサイクロンです。
音量はそこそこ(小さめです)ですが、下がスカスカになることもないので街乗りではちょうどいいと思います。
なんてったって、車検対応ですからね。
国内モデルだと車検対応なのですが、USモデルだとどうなのでしょう。
多分車検通るはずなんですけど。一度、ヨシムラに問い合わせてみましょう。

というか、完全にこれは性能的にはダウンしていますよね。
チタンからステンレスですもの。
でも、軽さのみならず音も同様に大事ですし、流れが良くなったぶんピークパワーはきっと上がったことでしょう。

音量小さめのサイクロンが入っていると記しましたが、やはりR1のクロスプレーンサウンドをもっと楽しみたいのが心情です。
なので、私が次に導入を予定しているマフラーはTwo Brothers Racing。
アクラのフルシステムも欲しいですが、高すぎです。
それに比べてTwo Brothers Racingは4分の1の値段。

TwoBrothersRacingは、音がすこーし大きくなるマフラーですね。
最初はサイレンサー部だけの交換ですが、後々Yパイプまで置換しようと思っています。

同時にパワコマを入れたいのですが、お財布に厳しいですよね。
R1は燃調調整機能が付いているので、とりあえずはそちらでカバーするしかなさそう。
ま、マフラーについては総じて追々・・・ですね。
(一眼に充てる予定だったお金が浮いたので、マフラー行けちゃう?いやここは冷静に・・・)

皆さんもマフラー、楽しんでますか?

コメント