YZF-R1、マフラー交換 TWO BROTHERS RACINGに!

YZF-R1 Custom
SONY DSC

突然ですが、YZF-R1のマフラーを買ってしまいました。
 

選んだのは、爆音マフラーで有名なTWO BROTHERS RACING。
 


 
 
メーカー名にRACINGって入っちゃってますからね。
 
 

名前からビビっときます。
 
 
実際届いたものがこちら。
 
 
 

SONY DSC


 
 
かなり軽いです。
 
 
今回はYパイプも同時購入なので、かなりの軽量化&抜けの良さとなります。

参考までに、重さを載せておきましょう。

サイレンサー部分(片方)でこの軽さ。


 
 
 
Yパイプ部分も、この軽さ。


 
 
 
パワコマ等入れなければ燃調も何も合ったもんじゃありませんが、そこまで買うお金があるはずもなく・・・
 
次回に持ち越し、というか近々必須で買わなければエンジンに悪いですね。
 
前置きはここらへんにして、早速交換していきましょう!
 
今回はショートカット的な動画を作っているので、説明分かりにく!っていう時は、動画も参考にしながら見て頂けたら良いかと思います。
 
 
⬇︎動画はこちら⬇︎

⬇︎

⬇︎

では、マフラー交換スタートです!

 

まずは、シートを外して、この4箇所のネジを外します。
 
 

 
 
 
同様のネジかカウルの左右裏側にもあるので、外しましょう。
 
次は、リアシート端っこのコイツ。外しましょう。
 
 

 
 
 
すると、カバーがごそっと外れます。ななめ後ろ方向にスライドさせつつ、爪を外しつつ、といった感じで外します。
 
 
カウルは思ったよりも曲がりますので、カウルを広げ気味で引っ張ると良いと思います。
 
 

マフラーを吊るしているこの2本のボルトを緩めてしまえば、マフラーはフリーの状態です。
 
ガスケットを外し、引っこ抜きましょう。


 
 
 
すっからかんになりました。
 
 
こちらが純正のYパイプ。この重さ、凄まじいです。
 
 

あとは、逆の手順で組み上げて行くだけです。

Yパイプを刺し、サイレンサーを刺し、マフラーを緩めているボルトを締め、カウルをはめ込み、ボルトを締める!

マフラー交換って、難しそう、専門的そうっていうイメージがあるかもしれませんが、DIY初心者こそ行うべき、超簡単な作業です。
刺して、落ちないようにボルトを締めれば良いだけですからね。
仮に取り付けられなくて、どうしたら良いかわからなくなったら、マフラーをカバンに突っ込んで、近くのバイク屋に駆け込めば良いです。仮に走っても壊れることはありませんし、ただものすごい爆音で走ることになるだけです。その間に、整備不良で切符は切られるかもしれませんが。

ということで、マフラー完成系がこちら。


 
 
ううううう!!!
かっこいい!!!!
 
しびれます。
 
そして、音は・・・・
 
 
 
 
爆音。
さすがアメリカンマフラー。
 
 
夜、家の前じゃかけられない。というか、日中も無理かも。
 
街中走れば白い目で見られます。
 
 
心に毛が生えた人でなければ乗れないバイクになりました。
 
 
でも、それで満足だったり・・(怒られるぞ)


(青いポジションも欲しくなってきたなぁ)

コメント