【バイクブログ】SSで街乗り(通勤・通学)はできるのか?しんどくないのか?

ブログ 〜バイクのあれこれ〜

こんにちは!

近頃、多くの人に聞かれるのが「R1で街乗りはきついんじゃないですか?」ということ。

確かに、「180馬力」という数値や、筋骨隆々な車体、極太なタイヤ、腕立て伏せをしているような前傾姿勢異常に張り切っている冷却ファンの音等々、はたから見ると「大変そう」と見えるのでしょう。

では、実際のところ、その問いに対する答えはどうなのでしょうか?

私は、この答えとして100%こう言い切ります。

ズバリ、SSでも街乗りは可能です!!

SSで通勤通学は可能か?

その回答は・・・?

「SSでも街乗りは最高に楽しく乗ることができます」

実際に、私自身もYZF-R1で通勤する日もありますし、通勤している友人、通学している友人がたくさんいます。

確かに、ネイキッドや中型フルカウルのように年中通して「気軽に」乗れる代物ではないことも確かです。(真夏は死ぬほど熱い⇒後述しています)

ということで今回は、SSの街乗り事情について少し掘り下げてお話してみようと思います。

SSのパワーについてです。

ハイパワー過ぎて気を遣いそう、という印象があるかと思います。実際、自分もR1に乗り始めて1ヶ月くらいはビクビクしながらアクセルをあけていました。

しかし、慣れれば気を遣うことなんかありません。今では全て無意識で操作できています。

あと、パワーとトルクがあるおかげで街中では2速までしか使いません。時々3速を使うこともありますが、ほとんどないですね。

逆に、意識的に2速に上げることを心掛けていないと1速で走り続けてしまっているときもあります。

だって、1速でアクセルちょこっとひねるだけで60km/hくらいは出ちゃいますから。燃費的観点から2速、3速にあげていというって感じですね。

気を遣うことはなくなると言いましたが、ガバッとアクセルを開けた時の「弾け飛ぶ感覚」はいつまで経っても超刺激的です。

そして、些細なコーナーも痺れるほどの気持ち良いです

ライディング時の姿勢についてです。

初めの頃は、首は多少痛くなりましたが、今は全くならないです。

慣れたらそれでおしまい、といったらそれで話が終わってしまいますので、緩和策をお伝えしましょう。

まず第一に、首の筋トレ!(笑)

これが意外にバカにならないですよ。寝る前に首の筋トレを少ししているだけで、バイクに乗った時の軽快感が全然違います。

あとは、軽いヘルメットを被ることも重要だと思います。

私はSHOEIのZ-7を愛用しています。

熱について。

これが一番の問題だとは思います。春秋冬は暖かいなぁ〜。SSでよかったな〜と思うことでしょう。

しかし、春の終わり〜夏〜秋の始まりは、凄まじいです。

あんなに可愛がったバイクにされるかと思うほど。(一体何されるのでしょう)

特に街中は、本当に死ぬほど暑いです。ジーンズを履いてても、フレームの熱で火傷します。それくらい熱くて暑いです。

SONY DSC

夏に街中を快適に乗るのは諦めてましょう!

自分は、「アッヅ〜〜〜〜〜イ!!!」って叫びながら乗っていますが、それすら快感に思う「献身」が大切。

我は忘れずに水分補給はしっかりしましょう。

山を流す分には問題ないですよ。風が冷却してくれますから。最高に気持ちいいです。

SSで街乗りはできるのか?という問いに対する回答は・・・

100000%楽しめる!

維持費的にはそこらのバイクとそんなに変わりません。

大きく変わるかなーと思われるのはタイヤくらいですが、ツーリングタイヤ履けば1万キロ以上持ちますし。

まぁ・・・こんな感じにまとめちゃって、申し訳ないです笑

書き初めは良い記事になると思ったんだけどな。結局バイク愛を叫ぶだけの記事になってしまった気がする。

さぁ、悩んでいるそこのアナタ!!!!

SSは人生を豊かにしますよ!!!!

SS買いたいけどもうちょっと我慢しないとダメな人へ・・・

YZF-R1やCBR1000RR買いたいけど、もうちょっと我慢しないと・・・という方へ、ちょっとしたおすすめ情報をご紹介。

バイクを買う前に、バイクについて学びたいって思うことありませんか?

そんな人におすすめなのがバイクのプラモです!

バイクがどういうフレームなのか、どうやってフロントフォークが固定されているのか、どうやってエンジンが載っているのか、勉強することができます!

この最高の教材が数千円で買えてしまう。本当に素晴らしいと思います。

ぜひ、貯金がてらプラモを作ってみてはいかがですか?

その暁には、美しきSSの世界へ!!

コメント