【バイクカスタム】ポジションランプの選び方とオススメ紹介!

YZF-R1 Custom
SONY DSC

こんにちは。

YZF-R1の車検が間も無くというところまで迫っています。

今回車検を通すために行わなければならないのは2点。

  • ポジションランプの純正戻し
  • マフラーの純正戻し

この2点です。マフラーに関してはまた次回に置いておいて、今回はポジションランプについてです。

バイクのポジションランプは「T10」という型の球を買えば装着可能です。

例えばこんなの。

(PHILIPSはヘッドライトやポジションランプの超一流メーカーです。)

このT10という型は、一部の車のルームランプと同じ型なので流用が効くのです。

ついでにご紹介いたしますと、YZF-R1に使っているポジションランプはこんな色です。

SONY DSC

黄色と赤の中間の色「アンバー」。(琥珀色ですね)

この色。とても味のある色です。懐かしい色。古き良き色。昭和の香りもするけど、古くさくはない色。

SONY DSC

明るい場所でも視認性バッチリです。

横方向からの視認性も良いです。

SONY DSC

こんなに見やすくて綺麗でかっこいいポジションランプですが、車検には通りません。

なぜなら、色が白ではないから。

じゃあ、どんなポジションランプは車検対応なの?

車検の際、ポジションランプについて気をつけることは主に2点。

  • 色が白いか
  • 明るい場所でも確認できる光量があるか

ざっくりですが、この2点を気をつければ車検で引っかかることはありません。

なので、白いLEDなどは車検対応ですよ。

ヘッドライトをHIDに変えるとポジションと色温度が変わってしまうので、HIDに合わせてLED化する方も多くいらっしゃいますよね。

ポジションをLED化することで、大きなメリットもあります!

それは、ハロゲン球に比べて省電力ということ。

USB充電やグリップヒーターなどで電気を多く消費するようでしたら、細かい省電力化も非常に有効です。(バイクのバッテリーは小さいですからね)

バイクに優しく、見た目もかっこよく、ポジションランプカスタムは絶対オススメです!

コメント