【熊本・阿蘇ツーリング】YZF-R1で日本最古の神社へ【幣立神宮】

ツーリング日記

こんにちは。

今回は、【日本最古の神社・幣立神宮】ツーリングです。

ツーリング先としてはあまり有名ではないかもしれません。

それは、この神社が「隠れ宮」であるからでしょう。でも神社って、本来そうあるべきもののようにも思います。

少し話は脱線しますが、一人で車でドライブやバイクに乗ってソロツーリングの目的地として神社って、相性がいいんですよね。

自分自身、神様のご利益などは信じてはいませんが、自分を見つめ直す場所として適していると思っています。手を合わせて、瞼を閉じることって神社かお墓の前ですからね。

前置きはこの程度にしておいて、早速出発です。

まずは、ケニーロードを通って、「道の駅 阿蘇の望くぎの」を目指します。

超おすすめルート:ケニーロード

このケニーロード、やまなみハイウェイよりも走りやすいと個人的には評価しております。というか、過去走った道の中で一番走りやすい道だと思っています。

車は少ないし、バイクは多いし、路面も最高品質です。熊本県はライダーのためにこの道を作ったのではないか、と思うほど。

SONY DSC

そんなケニーロードを通って、阿蘇の望くぎのに到着です。

クイッとレッドブルを飲んで、幣立神社へ向かいます。

5月ももう終わりが近づき、阿蘇山もジュラシックパーク感が増してきました。(緑が濃くなったという意)

幣立神社へ向かう途中、ライダーもたくさんいましたよ。

SONY DSC

阿蘇の望くぎのからは256号を通って幣立神社に向かったのですが、この道も素晴らしかったです。道が広く、見通もよく、コーナー角も心地いい塩梅。素敵な道でした。

そして到着した幣立神社

SONY DSC

もっと古めかしい神社かと思っていましたが、綺麗に保全されています。

それと、今まで行った神社とは、造りがどこか違う気がしました。屋根のせいかな・・・。中規模の本堂と、それとほぼ同サイズの祠がいくつか点在しています。あぁ、だから「他の神社とはどこか違う」と感じたのかな。(急に自己解決)

そして、月並みの表現になりますが、とてつもなく荘厳です。

左手に下ると、水の神様が祀られていました。

この祠の右手には「水玉の池」があり、「八代竜王」が住んでいると言われているらしいです。

意外にも若い人がたくさん来ており、バイク乗りも5名ほど来ていました。

そんな私はというと、ふわっと、これまでの事やこれからの事を考えて、気持ちの整理をして。人生色々ありますが、後悔も大事ですし、それを糧に努力することも大事。そう、後ろ向きな考えにもメリットがありますよね。

というようなことを考えて、一呼吸置いて、R1の元へ戻ることにしました。

・・・・・・このピッタリ150段の階段を下って。(実際に数えました)




暑い中降りる150段の階段もいいものですよ。笑

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回お会いしましょう!

SONY DSC

コメント