【バイクメンテナンス】バイクを愛でる基本!チェーンメンテナンス

ブログ 〜バイクのあれこれ〜

こんにちは。

今回はチェーンメンテナンスです。

バイクを所持するにあたり、様々なメンテナンス項目があります。

エンジンオイル交換や、タイヤの残り溝確認、空気圧のチェックなどなど・・・でも、エンジンオイル交換とかタイヤの空気圧といわれても、ちゃんとできるか不安・・・という方が大半だと思います。

そんな人でも簡単にメンテナンスできるポイントがあります。

それこそがチェーン掃除。

一部アメリカンにはチェーンではない車種もありますが、ほとんどのバイクがチェーン駆動です。

エンジンから伝わってきた回転は、最終的にはチェーンを介して後輪に伝わります。この部分を綺麗に維持することはとても大事です。

その作業がとても簡単で、メンテナンス入門にぴったりです。

では、いってみましょう!

用意する道具

まずは、用意する道具です。

  • 雑巾
  • ブラシ
  • チェーンクリーナー
  • チェーンルブ

これだけです。

チェーンブラシ

ブラシは、歯ブラシでも良いですし、このような専用ブラシを買っても良いですよ。3面をいっぺんにブラッシングできるので作業効率が上がります。

チェーンクリーナー

チェーンクリーナーはこちらが王道商品です。

大容量で、一本あれば何年か持つと思います。

チェーンルブ

最後のチェーンルブとは、油のことです。

クリーナーで汚れや油分を落としてしまうので、必要な油分を補填してあげるものです。

自転車でもギアの入りが悪くなったら油指しますよね。イメージはそんな感じです。

KUREの商品もあるのですが、粘度が低くて綺麗に飛び散ってしまいますので、ルブに関してはMOTUL製がおすすめです。

チェーン掃除の方法

では、作業方法です。

手順はいたって簡単。

  1. チェーンに雑巾を当ててチェーンクリーナーを吹き付けます
  2. ブラシでゴシゴシこすります
  3. 雑巾で拭き取ります
  4. チェーンルブを吹き付けます

これだけです。

チェーンクリーナーを吹き付けて・・・

ブラシでゴシゴシして・・・

チェーンルブを吹き付けておしまいです。

下の写真が掃除後です。

実は、うちのR1は中古で買った時からチェーンの状態が最悪で、綺麗にしようと頑張ってもこれくらいが限度です。

赤で囲ったところが掃除した部分です。お恥ずかしい限りです。

本来はもっと輝いているのはずなのですが・・・一度錆びついてしまったチェーンはダメですね。

ぜひ皆さんはこんな状態にならないように、こまめに掃除してくださいね!

こんなチェーンなので、実は写真をアップするときもチェーン側は写らないようにしていたり・・・涙ぐましい努力をしていたのです。

と言うことで、自分は近々チェーン交換とスプロケット交換を行う予定です。チェーン交換の時には「加速性能」と「燃費向上」と「取り回しを軽くする」という効果を期待した夢のようなチューンを視野に入れているので、また記事にしますね。

最後になりますが、本当にチェーンメンテナンスはバイクメンテの基本ですから、チェーンは綺麗に維持しましょうね!(どの口が言うのか。だって納車した時から汚かったんだもん、と言い訳)

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント