【バイクカスタムブログ】YZF-R1のサイドカウルをカーボンラッピングカスタム!

YZF-R1 Custom

こんにちは。

今回はDIYシリーズ、作業内容はラッピングになります。

作業内容はYOUTUBEの方にもアップしております。実際に貼っているシーンは動画を見た方がわかりやすいかもしれません。

モトブログ【バイクカスタム】DIYでYZF-R1のサイドカバーをラッピング【マジョーラカラーシート】

では、早速始めていきましょう!

今回使用するラッピングシート

マジョーラカラーのカーボン調シートを使うことにしました。

角度によって色が変わって、とても綺麗です。

価格も手軽で、オススメです!

今回ラッピングする場所は?

今回ラッピングする部分は、こちらです。


サイドカバーです。

今後、このような樹脂パーツの部分は極力ラッピングしていきたいと思っています。

樹脂部分って日焼け等の理由でだんだんと白濁していきますし、色味もあまり好きではないからです。白濁する前にラッピングしてしまうのが賢い選択だと思います。

では、作業開始しましょう!

はじめに、ラッピングするパーツを車体から取り外します。

R1のサイドカバーを外す時は、4箇所のボルトを外すだけです。

シートの後ろ側をめくるとボルトが2本あるので、これを外します。
シートを外すと、タンクの根元にボルトが2本あるのでこれも外します。

上記2箇所(左右で4箇所)のボルトを取れば、サイドカバーが外れます。

カバーを外したら、一度綺麗に洗ってゴミや油分を取り除きましょう。

ラッピングするパーツのサイズに合わせてシートを切り出します

では、ラッピングの作業に入りましょう。

まずはじめに、ラッピングしたいパーツサイズ+5cmくらいのシートを切り出します。

切り出しができたら、台紙を剥がし、パーツを当てがいます。

これくらいのサイズ感のパーツなら、このやり方がやりやすいですよ。

根気よく、シワにならないように貼り付けていきます。

ラッピングシートは何度か剥がしても粘着は落ちません。シワがよったら一度剥がして、しっかり引っ張りながら貼り付けていきましょう。

その際、ヒートガンで温めるとシートが柔らかく、かつ伸びるようになるのでかなり貼りやすくなります。

根気よく伸ばしていきましょう!

コツ:折り返しの部分に、かなり熱くなるまで一度熱を与えます。

折り返しの部分には、一度かなりの温度(80度〜90度)くらいまで熱を与えてみましょう。

この熱で剥がれるようであれば、車体に取り付けた後にめくれてしまいます。

また、かなりの高温まで温め、押さえつけることで粘着力も増します。

裏の熱処理まで全部終わったら、作業完了です!

綺麗に貼ることができました!

車体に取り付けます

ラッピングが終わりましたので、車体に取り付けます。

では、完成した写真をどうぞ!

めちゃくちゃ綺麗!

素晴らしい出来です!

角度によって色が変わるので、いろいろな表情を楽しめます。

コストはシートだけでしたら2000円ほどですし、ヒートガンを買ったとしても2000円。

低コストで、失敗するリスクもありません。根気よく貼るだけです!

非常にオススメできるので、興味がある人は是非お試しください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント