【バイクカスタム】流れるウインカーを増設!めっちゃ綺麗です【YZF-R25】

CUSTOM

こんにちは。

今回は流れるウインカーを設置していきます。

流れるウインカーは「シーケンシャルウインカー」が正しい名前になります。

では、カスタムスタートです!

今回使うウインカーは?

今回使うウインカーはこちらになります。

この商品、配線がものすごく楽。

発光自体もむちゃくちゃ綺麗。絶対お勧めできる商品です。

商品の詳細を少し見てみましょう。

まず、本体がこちらです。しっかりと防水処理もされています。

配線は3色。

赤は常時流しておくプラス配線。

黄色はウインカー配線と接続。

黒はアースです。

電池を使って光らせてみます。

まず、赤い配線を電池のプラスに、黒い配線を電池のマイナスに当ててみましょう。

白く光りましたね!結構な明るさです!

次に、その黄色い配線を電池のプラスに、黒い配線を電池のマイナスに当ててみます。

ウインカーのようにピロロロロとオレンジの光が流れていきました。

配線確認は完了です!

車体の配線に繋ぎます。

では、先ほど確認した通り、

  • 赤い配線は常時流れる配線に ⇨ ポジションランプ の赤い配線と合体させる
  • 黄色い配線はウインカー配線に ⇨ ウインカー配線の緑色or茶色に合体させる
  • 黒い配線はアース配線なので・・・ ⇨ 黒い配線ならどれでもOK!

このような配線の処理を行えば、ALL OK!!

めっちゃ簡単!

一つ一つ丁寧に確認しながら配線していけば、必ずできます!

ウインカーは、カウルの中に貼りました

ウインカーはカウルの中に貼りました。

まずはポジションモード(白色発光)状態をご覧ください。

とっても綺麗でしょ?

ウインカーを張った部分をマーキングすると以下のような感じです。

ポジション状態からウインカー発動! 動画でどうぞ

では続いて、ウインカーを発動した時の様子を動画でご覧ください。

この場所に張ったのは大正解でした!

めちゃくちゃかっこいい。

心臓が脈打つような印象を受けます。

とてつもなくかっこいい。(2回目)

光源が見えていないので、法的にもOKです。

皆さんにも気に入っていただけると嬉しいです。

終わりに・・・

今回のウインカーカスタム、どうだったでしょうか?

私的には、ここ最近で一番満足のいくカスタムでした。(友人のバイクですが)

R1にも付けようかな。なんて思ったり。

本気で近々R1にも付けているかもしれません。

これは、ほんと素晴らしい商品。

きちんとユーザー目線で作られています。

こんな商品が世の中にいっぱい出回れば嬉しいなぁ。

皆さんも気になったらぜひお試しください。

では、最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント