【バイクカスタム】防寒対策!寒くなる前にグリップヒーターをつけましょう!【全車種対応記事】

グリップヒーター

こんにちは。

8月も終わりに近づきました。

昨日の夜は肌寒いくらいで、夏の終わりを感じますね。

秋にもなると山では凍えるほど寒くなってきます。

そうなる前に寒さ対策に着手しておくのは賢い選択かと思います。

それに、寒くなると作業もしたくなくなりますからね・・・・。

ということで今回はグリップヒーターについて分かり易くまとめさせていただきます!

グリップヒーターとは?

グリップヒーターってなに?という人もいるかと思います。

グリップヒーターとは、バイクから電源を取って、手を握るゴムの部分を発熱させる機構のことを示します。

最近のロンツー用バイクには標準装備されている車種もあるようですね。

冬用グローブも販売されていますが、それでは全然足りないのが実情なんですよねぇ。

グリップヒーターを選ぶ際の注意点

グリップヒーターのスイッチは2種類ある

グリップヒーターには、2種類あると思っていただけたらいいと思います。

それは

  • スイッチ一体型
  • スイッチ別体型

お勧めはハンドル周りがスッキリするスイッチ一体型。

グリップの直径には2種類ある

なぜアメリカンタイプのバイクに使えないかというと、ハンドルの直径が異なるからです。

  • CB400やYZF-R1、Ninja400R等のアメリカンではないバイクの直径はφ22.2
  • アメリカンのハンドル直径はφ23

グリップヒーターを入れたいバイクによって選び分けてください。

グリップの長さに気をつけよう

もう一点、気をつけるべきポイントがあります。

それは、グリップの長さ。

ご参考までにYZF-R1のグリップの長さをご覧ください。

YZF-R1のグリップの長さは120mmですね。

このように、それぞれのバイクにあった長さのグリップヒーターを買いましょう。

(といっても大体のバイクが120mmです。また、この記事のリンクでご紹介しているグリップヒーターは可変長タイプなのでどのバイクでも気にせず購入できます。)

お勧めグリップヒーター

私がお勧めするグリップヒーターがこちら。

EFFEXのグリップヒーターです。

こちらのグリップヒーターは付属品が全て付いてきます。

国産、輸入車、すべてのバイクに取り付けられるようになっているので、なんか買い足す必要がありません。

あとは自宅にある工具を使って組み付けるだけでOKです。

見た目もスマートでかっこいいのもGOODです。

(昔のグリップヒーターってボテッとしていてダサかったのです。)

終わりに・・・

ということで今回はお勧めグリップヒーターの記事でした。

私は友人のバイクにインストールしてあげただけで自分のR1にはまだ使っていませんが、この夏中に必ず導入します。

購入した際には作業記事を作りますので、またご覧ください。

では、最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント