【カスタムシート】バイクのシートを張り替える方法や予算について!

Ninja400R Custom

こんにちは。

今回はバイクのシートについてお話しましょう!

R1の前に乗っていたNinja400Rではシートを蛇柄にしていました。

こちら。

かっこいいでしょ?

ということで、このときに使ったシートや工賃のご紹介をしますね。

よろしくお願いします!

張り替えたシートはどんなもの?


シートはこのサイトで注文しました。

私が注文した色味の蛇柄は無くなっていましたが、今でも数種類の色が選べるみたいです。

「バイク用 合皮生地」等で調べたら色々な商品がヒットしますよ。

気をつけるポイントは、「合皮」であること。

確かに本革の方が革としては上質ですが、雨に濡れるとカビが生えたり破れたりするので避けましょう。

それはさておき、R1に入れるなら黒系の蛇柄でもいいかもしれないなぁと想像中です。

特殊な商品は楽天が強いですよ。

少し話が脱線しますが・・・

今回の記事で取り扱うような特殊な商品に関しては、Amazonよりも楽天の方が強いですね。

普段Amazonでしか購入しない人も、楽天を覗いてみたら新たな発見があるかもしれませんよ。

Amazonの方が数百円安くても、楽天カードで支払うとポイント2倍になったりするので楽天の方が安くなることも多々あります。

気がついたら5000ポイントくらい貯まっているのが非常に嬉しいところ。

作ってない人はぜひどうぞ。

張り替えは自分でできる? →無理でした。(笑)

最初は自分で挑戦しました。

タッカー(大きいホッチキスみたいなものです)も用意して、一所懸命貼ろうとしました。

しかし、どうしてもシワシワになってしまいます。

シワシワどころじゃない。嵐の海のように波打っています。

このときに悟りました。

シートの張り替えは職人技なんだ・・・と。(気づくのが遅い)

ということでネットで調べた結果、町の張り替え屋さんが8000円で張り替えてくれるとのことでしたので、そのお店にお願いしました。

本当に、シートの張り替えは自分では不可能だと思います。(綺麗に貼るのは)

8000円という金額は「ぐっ」と来るかもしれませんが、その技術を考えれば安いものです。

迷わず外注してしまいましょう!

シートを変えるとものすごく目立ちます。

蛇シート、本当に目立ちますね!

このシートの頃は「蛇シートの人だ」「このシート本物?」「ヤ●キーだ!」などと話しかけられたものです。

いやー、R1も絶対に蛇シートにしよう。

何色にしようか迷いますが、とても嬉しい悩みです。

皆さんもぜひシートの張り替え、考えてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント