【YZF-R1】09〜14年式YZF-R1の社外マフラーを比較してみました!

YZF-R1 Custom

こんにちは。

今回はYZF-R1のマフラーを主観で比較しようと思います。

音量が小さい順で挙げていきますので、ぜひご参考にしてください。

YOSHIMURA サイクロン

まず一つ目は、ヨシムラです。

性能と音量、見た目のバランスが最もいいマフラーだと思います。

抜け過ぎず、うるさ過ぎず、カーボンでかっこよく、軽さもピカイチです。

「何あのバイク。うるさーい」という白い目で見られたくない人にはちょうどいいと思います。

音量レベル:★★★

アクラポビッチ製マフラー

高級マフラーの代名詞アクラポビッチ。

見た目は最高。音量はデカい。性能も抜群。

しかし欠点があります。

それは、値段。

スリップオンで20万はさすがに高いよ・・・(フルエキなら40万コース)

でも、価格に見合った価値はあります!

お財布に余裕がある人はアクラポビッチをぜひお選びくださいませ。

音量レベル:★★★★★

Two Brothers Racing

次は、私が使っているマフラー「Two Brothers Racing」製のマフラーです。

さすがのアメリカ製。

音量は単純明解に、爆音。(マクドナルドくらいわかりやすい)

めちゃくちゃ目立ちますよ。

推しポイントは音量だけではありません。

それはカーボンを用いたことによる軽さ!

初めて手で持った時、「これ本当にマフラー?」って囁きたくなるくらい軽いです。

値段は比較的安いのに、「軽い」「うるさい」「白い目」全てを手に入れられるコスパ最強マフラーです!

音量レベル:★★★★★★★

さらなる爆音を求めているあなたへ・・・

サーキット用にレーシーにしたいんだ!

という人、私が知る限り最もうるさいマフラーは「TOCE製」のマフラーです。

しかし、Amazonには売っていませんでした・・・。

そりゃそうだ。Amazonで武器を販売してはいけませんからね。

ただ、こちらのマフラーを入れた暁には、夜に家の周りを走るのは不可能になると思っておいたほうがいいです。

YZF-R1の社外マフラーについてのお話でした。

今回の記事は「このマフラーどこのですか?」「Two Brothers Racingとアクラポビッチってどっちがうるさいんですか?」という質問を時々いただくので、記事にしてみました。

デシベル計などで測ったわけではありませんが、実際に聞いて感じた音量を記事にし視ました。

どのマフラーも車検非対応なので、その点お気をつけください。

では、ぜひマフラー選びの参考にしてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント